会議の改善を通じ、人材を育成し、組織力を高め、お客様の満足を高め、業績向上を目指す!そのためのサイトです。

blog/2020-03-26

Top / blog / 2020-03-26

もしも私が竹内涼真なら・・・

こんにちは。KPCの宇井です。
いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

こうも新型コロナウイルスのことばかりが
世の中を占めてしまっては、
コロナ以外のネタで書くのが難しい状況です。

ということで、
前段の挨拶文もコロナ関連、
本文もコロナ関連・・・

ご了承ください・・・

東京オリンピック・パラリンピック、
延期になりました。

この状況で今年の7月・8月に開催するのは、
さすがに無理ですもんね。

関係者の方々にとっては、
開催となっても、延期となっても、中止となっても、
本当に大変なことが多いことと思います。

来年、安心・安全に開催されることを
心から祈っています。

それと、いよいよというか、やっぱりというか、
芸能界にも感染者が出てしまいました。

志村けんさんが陽性と診断されたとのこと。

重症化しており、予断を許さな状態との
報道もありますが、
何としても、志村けんさんには
復帰してもらわなければなりません。

これでもしものことがあったら、
我々ドリフ世代は、更に気が滅入りますし、
日本中が、ネガティブな気持ちになりそう。

回復して、「だいじょう~ぶだ~」と
元気に仕事をしてくれたら、
勇気と希望をもらえます。

あと、これはすごいなぁと思ったのが、
日本酒の獺祭を造っている旭酒造の取り組み。

旭酒造は国内での売上よりも、
海外への輸出の売上の方が大きいらしいのですが、
2月以降注文のキャンセルが相次いでいて、
中国への出荷額は前年比およそ6割減とのこと。

そんな苦境を打破しようと取り組んだのが、
獺祭のファンを集めた「オンライン飲み会」。

乾杯の音頭を取ったのは、旭酒造の桜井会長。

旭酒造は、獺祭のボトルやグラス、
オンライン飲み会のチケットを
ネットで販売。

海外の獺祭ファン120人以上が
参加したとのことです。

しかし、120人ではオンライン飲み会といっても、
会長と話もできない気がしますけどね。

飲み会参加費は1,600円。

1,600円×120人=192,000円

の売上。

まぁ大した額ではないと思いますが、
獺祭ファンにしてみたら、
嬉しい企画ではないでしょうか?

会長と話ができ、同じ趣味の獺祭で盛り上がれて。

世界中の獺祭ファンが繋がれるオンライン飲み会、
面白いアイデアだと思います。

ちなみに、私もここ数週間で、
オンライン飲み会を4回ほど開いております(^_^;)

そこで思いました、

もしも、私が竹内涼真なら・・・

お金を取ってオンライン飲み会するなぁと。

2時間一緒にオンラインで飲みましょう、
お金は一人10万円ってことで、10人限定。

毎日2時間オンラインで飲むだけで100万円が入るという。

ファンにとっては、
嬉しい企画じゃないかと思うんですが・・・。

まぁ、そんなことしたら、

「コロナを利用して、金儲けする守銭奴」とか
ネットで叩かれてマイナスのイメージが
付いてしまうかもしれません。

でも、そこは、

「世の中が沈滞しているときだからこそ、
直接話をして、ファンを元気にしたい」、

とかなんとか大義名分を
打ち出せばクリアできるかもしれないなと。

まぁ、自分が竹内涼真でもないのに、
色々と妄想してしまったということです。

竹内涼真か三浦春馬か佐藤健になりたい・・・。



コメント


認証コード(1823)

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional