会議の改善を通じ、人材を育成し、組織力を高め、お客様の満足を高め、業績向上を目指す!そのためのサイトです。

blog/2019-03-22

Top / blog / 2019-03-22

イチロー引退・・・違った角度から物事を見る

いやぁ、イチロー引退しちゃいましたね。
イチローであれば、本当に50歳までメジャー現役でいるんじゃないかと
思ってました。

それにしても、イチローが発する言葉は、
なぜ、あんなに重みがあり、
かつ説得力があるんでしょうか?

このメルマガにも度々取り上げさせてもらいました。

昨日の引退会見でも一言一言が、
本当に「どうしてこういうことが言えるのか?」
という言葉ばかり・・・。

そして何より「かっこいい」!

選手生活で貫いたことは?と記者に聞かれ、

「野球を愛したことだと思います。
これは変わることはなかったですね。」って、

かっこよすぎます。

こう答えた後、
「おかしなこと言ってます、僕? 大丈夫?」
って記者に聞いてましたけど、

ある意味、常人からしたら、
イチローの言うこと、今回の会見に限らず、
ほとんど「おかしなこと」かもしれません。

全く同じものを見ていても、
普通の人がこっちから見るのを、
イチローは反対側から見ているという感じ。

物事に対する解釈が全然違う。

で、違った角度からの解釈でも、
イチローだから様になる、というか、
納得させられる。

失敗に対する概念でいえば、
こんなことを言ってました。

「マリナーズは今、負け続けています。
でも、これから勝ち続けるために、
この負けが必要なんです」。

「今まで、自分を支えてきたものというのは、
いい結果やいいことで
支えられているんじゃないんですよね。
それなりの屈辱によって自分を支えている」。

「失敗」とか「挫折」というものを
普通の人と違った角度から見てる気がします。

努力という概念についても、

「努力をすれば報われると
本人が思っているとしたら残念。

第三者が見ていると努力に見えるが
本人にとってはまったくそうではない、
という状態になくてはならない」。

こんなことも言ってました。

「一番になりたい。
『オンリーワンがいい』なんて
言っている甘いやつが大嫌い」。

嘉門達夫も「世界に一つだけの花」の
替え歌で歌ってました。

♪ナンバ~ワンになれな~い奴は、
 オンリ~ワンにはなおなれな~い♪

表現の違いこそあれ、言っていることは一緒かな?

イチローにとっては、オンリーワンであるより、
一番になろうとするほうが努力が必要なんでしょう。

イチロー語録を挙げ始めたら、きりがないですね。

最後に、今日の日経新聞スポーツ欄に
あった言葉をご紹介したいと思います。

昨年復帰したマリナーズで、
ベンチ入りメンバーから外れ、
会長付特別補佐に就いたとき、
「事実上の引退」と言われたことに対して・・・

「44歳でアスリートとして
この先どうなっていくのかを見てみたい。

僕は野球の研究者でいたい。

毎日鍛錬を重ねることでどうなれるのか
見てみたい。」

イチローにとっては、あることをやり続けて、
それでいい結果を出すということに
関心があるわけではないのだと思います。

やり続けたら、どんな結果が出るのか、
そのことに関心があるのではないでしょうか。

だから、悪い結果となっても、
「なるほど、こうすることは良くないのか」
と思える。

だから、結果に対して一喜一憂することもない。

微妙な違いかもしれませんが、
「継続する」ということに対して、
人と違った角度から見てる気がします。

「継続」とか「努力」ということに対する
イチローの概念は、

「いい結果を出すためのもの」ではなく、
「どんな結果が出るか知るためのもの」

なのでしょう。

やっぱり、おかしなこと言ってますよね。

私もまずは、このブログを書き続けたら、
どうなるか見てみたいと思います。



コメント


認証コード(5169)

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional