会議の改善を通じ、人材を育成し、組織力を高め、お客様の満足を高め、業績向上を目指す!そのためのサイトです。

blog/2018-09-21

Top / blog / 2018-09-21

「なんくるないさ」の本当の意味~沖縄の方、ごめんなさい、知りませんでした

最近、知ったことがあります。

まさか、そんな深い意味があったなんて、
今まで全く知りませんでした。

沖縄の有名な方言で、
「なんくるないさ」というのがあります。

沖縄に行ったことがある方なら、
Tシャツのプリント等、一度は
目にしたことのある言葉だと思います。

「なんとかなるさ」って意味。

これ、沖縄の人たちの楽観的な性格を
表したものだと思っていました。

「なんとかなるんだから、
深く考えないことよ」的な南国特有の
気楽感や“ゆるさ”を揶揄した、
そんなものだと・・・。

でも、実は、そんな軽い言葉ではなかったんです。

本来は、この「なんくるないさ~」の前に、
こんな一言があったんです・・・

「まくとぅそーけー」

「なんくるないさ」だけではなく、
「まくとぅそーけー、なんくるないさ」が
正解だったんです。

「まくとぅそーけー」、

どんな意味かと言うと・・・

「(人として)正しいこと、誠のことをしていれば」

です。

「人として、
正しいこと、誠のことをしていれば、
なんとかなるさ」

だったんですね。

単に何とかなるよ、気楽に行こう、
ってことではなかったんです。

逆に、重たい言葉だったのです・・・。

「なんくるないさ」から受ける印象が、
大きく変わりました。

沖縄は、本当に好きな所なんですが、
更に好きになりました。

そんな沖縄の地で、初めての自主開催セミナーを
開催いたします。

(※「まくとぅそーけーなんくるないさ」には、
歴史的な背景もあるようです。
それは、セミナー案内の後に・・・)

『スタッフ部門(非製造部門)の働き方改革!

 生産性向上セミナー

 ~業務を効率化し社員と顧客の満足度を高める!~』

・「働き方を変えろ」と言われるが、
 何をどう変えたらいいのか分からない・・・

・「業務を効率的にやれ」と言われるが、
 効率化してもその分、別の仕事が増えるだけで、
 モチベーションが上がらない・・・

・そもそも業務効率化の視点が組織のリーダーになく、
 組織としての取り組みが進まない・・・

等々

業務効率化・生産性向上が叫ばれる昨今ではありますが、
上記のような悩みを抱えている組織は
意外と多いのではないでしょうか?

仕事量が増える中で、採用もままならず、
時間的にも精神的にも
余裕がなくなっている組織もあります。

ただ、こうした状況の中、
ほんのちょっとのやり方を知らないだけで、
時間を掛けてしまっているケースも散見されます。

ここでちょっと記録に残しておけば、
次の人の仕事が楽になるのに・・・

ここでちょっと先を考えて、手順を変えれば、
仕事の手待ちがなくなるのに・・・

ここでちょっと情報共有をしておけば、
仕事のやり直しがなくなるのに・・・

等々

知らないだけで、ムダな時間を
かけてしまっているのです。

今回のセミナーでは、
私の前職から大変お世話になっている
敏腕コンサルタント松田英一先生と
コラボレーションを組んで、

業務効率化・生産性向上のための
知っていないと損をし続けてしまう
「考え方」・「ノウハウ」を

短時間で凝縮してお伝えいたします。

 ●開催日時:
  2018年10月12日(金)13:30~16:30

 ●会場:沖縄産業支援センター
  沖縄県那覇市字小禄1831番地1

 ●詳細:http://www.kconsulting.jp/regist_page/okinawa_20181012/

 ●申込:https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOylTwmzo

ぜひ、ご検討ください!

で、「まくとぅそーけー、なんくるないさ」には、
沖縄の歴史的な背景も影響しているようです。

現在放映中の大河ドラマ「西郷どん」でも
描かれていましたが、

琉球王国は、薩摩藩の属国的な立場で、
厳しい年貢の取り立てにあっていました。

明治維新後には、沖縄県となり、
太平洋戦争では、ご存知の通り、
アメリカ軍の上陸を許し、
激しい地上戦が展開されました。

戦後も昭和47年まで27年間アメリカの統治下に
おかれ、今なお米軍基地問題で揺れています。

(沖縄に訪れると、「沖縄はまだ戦争が
終わっていないんだな」と思わされることが
よくあります)

時代に翻弄されてきた琉球・沖縄。

そんな歴史の中で生まれたのが、

「まくとぅそーけー、なんくるないさ」

(「人として正しいことをしていれば、
いつかはなんとかなるさ」)

だったんですね。



コメント


認証コード(5740)

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional