会議の改善を通じ、人材を育成し、組織力を高め、お客様の満足を高め、業績向上を目指す!そのためのサイトです。

blog/2018-05-11

Top / blog / 2018-05-11

行動量を増やすために必要なこと

仕事で成果を出そうと思えば、
「行動」が必要なのは言うまでもないことです。

何も行動せずに、成果が出せるなんてことは
ありませんから。

であれば、行動量が多いほど、
より高い成果が出せるはずです。

もちろん、行動の質も大切でしょうけど、
まずは行動の量が大切だと個人的には思います。

その行動量を増やすにはどうしたらいいか?

「行動の結果そのものに関心を持つ」

ことではないかと考えています。

例えば、

講演会で講師から、
「経営者として、○○をしなければいけない」
と言われた社長・・・

管理者研修で、「上司として部下との面談では、
こうするとうまくいく」と教わった管理者・・・

上司から「こうしてみたら」と
アドバイスもらった部下・・・。

こうしたとき、なかなか行動に移さない人は、

「なぜ、それをやるといいのか?」
「本当にそれでうまくいくのか?」

ということに意識がいきます。

逆に、行動に移せる人は、
「うまくいくかどうか」なんてことに
あまり関心がありません。

「自分がそれをやったらどんな結果が出るのか?」
に関心があるのです。

「うまくいくならやる」
「うまくいくイメージが湧くからやる」
ではありません。

うまくいこうが、うまくいくまいが、
やってみたら、どんな結果が出るかに関心がある。

行動してみて、たとえ「うまくいかなかった」
としても、「なるほど、他の人はうまくいったけど、
自分がやるとうまくいかないんだ」と
それが分かったことで満足なわけです。

もちろん、うまくいくイメージが湧いた方が、
行動は素早くなるし、量も増えると思います。

が、そのイメージが湧かないと行動できない
となると、本当はやってみたらうまくいくことにも
制限が掛かってしまいます。

その制限を取っ払って、行動量を増やすためにも、
「行動の結果そのものに関心を持つ」ことが
大切なのではないかと思っています。



コメント


認証コード(4792)

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional